ハート

昼は「山寺」に行き、夜は山形の風俗で遊ぼう

「しずけさや岩にしみいる蝉の声」という俳句をご存知でしょうか。これは松尾芭蕉が詠んだ俳句です。松尾芭蕉が江戸時代に山形県の「立石寺」こと「山寺」を訪ねた時に、あまりに静かで美しい景色に感動し詠んだ俳句と言われています。山寺は、江戸時代だけでなく、今でも山形県の観光スポットとして人気を博しています。ただし1000年以上も前に創建された山寺に行くためは、1015段もの石段を上る必要があります。しかしその努力に見合う、厳粛で美しい山寺と、周囲の景色を観ることができるでしょう。
山形県はこのように素晴らしい景観を誇る観光スポットや、温泉が魅力の街です。昼間の間は思いきり、山形の観光地を巡って、美味しい山形の料理を食べて楽しみましょう。そして夜は「風俗」の時間です。山形市内など、繁華街の中心地に宿を取った場合は、風俗店などに遊びに行くと楽しいです。ただ繁華街から少し離れた場所に宿泊する場合は、デリヘルを利用すると良いでしょう。デリヘルなら、サービス範囲内であれば確実にデリヘル嬢を部屋に連れてきてくれるからです。山形の女性は、肌が透き通るほど白い、美しい女性ばかりです。デリヘル嬢もそんな美しい山形美人ですから、最高の夜になるでしょう。

RECENT INFORMATION

目を疑った山形のデリヘル100円イベント

目を疑うような超破格の料金の山形のデリヘルを見かけました。価格破壊とはよく言ったものですが、これが本当の価格破壊というレベルではないでしょうか。元々激安のデリヘルなのですが、期間限定で1名様限りなんと70分コースが100円という価格です。100円というこ…

もっと読む

山形に温泉と風俗の旅に出よう

山形県への男旅をしましょう。山形県を代表する観光地が「蔵王温泉」です。蔵王温泉は「奥羽三高湯」のひとつとされています。とにかく泉質が良く(酸性・含硫黄の酸性泉)、蔵王温泉で湯治をすると体がスベスベになると言われています。蔵王温泉につかると「子どもが丈夫に…

もっと読む